地球環境に優しい電動ラジコン(電動飛行機・ヘリ・ドローン)のインプレッションやラジコン動画
最近のコメント
アーカイブ
  • 1297370訪問者数累計:
  • 11084732累積ページビュー:

次回の飛行ミッション

ここのところ、ず~っと天気が悪いですね~。
いつになったら晴れるんだろう。
天気が悪いと憂鬱ですわ~。

さて、今度天気が良くなったらGS PROのアプリを使ってもう少し広範囲で飛ばしてみたいと思っています。

GS PRO 第二のミッション
GS PRO 第二のミッション

人口密集区域外の某所の川を往復させ、行きはカメラは真下にして帰りは20°くらいの角度で緑地帯をパンする感じで帰還させてみます。もちろん、何かあった場合のために常に目視で確認しつつ、いつでも手動操作できるようにします。

これから紅葉の季節にもなるし、田舎方面でも撮ってみたいな~♪

ところで最近YOUTUBEにはMavic PRO を飛ばしてロストや墜落などのネタを上げている方も多くいらっしゃるようですが、許可云々はもとより、経験値が少ないにも関わらず安易に低空飛行して電波をロストしたり墜落したり、目視と言いつつ実質モニターにくぎ付けだったりが原因でバック飛行して障害物にひっかかったりしているようです。

操作は確かに簡単になっていて誰でも安定した飛行をさせることができる性能を持ち合わせているかもしれませんが、車の運転と同じで、決して過信せず、かつ近距離で確かな操作を十分に身に付けてからいろいろとやられたほうが良いと思います。

私個人の意見ですが、結構な上空を移動させて飛ばす前に身に付けておいた方が良いこととして、飛行モードをスポーツモードにして・・・

(1)対面飛行のほか、どんな機体の姿勢からでも正確に操作ができること
(2)機体の姿勢を認識できる限界距離でも自在に操作できること
(3)システムおよび手動での緊急回避方法を理解して実行できること

あと、できれば・・・
やっぱりラジコン飛行機とかヘリの操縦経験があった方が良いと思いました。

実際、自分が飛ばしてみて思ったことですが、低空飛行は障害物や電波障害などリスクが大きいと思います。実際のところ、さまざまな高度で飛ばしてみましたが、良好な電波環境で操作するには上空100m~120mくらいが良いと感じました。

ちょっと高価たけど、なかなか面白い機体なので安全に楽しんでもらいたいですね。

コメントを残す

コメント入力(必須)、名前(任意)、数字(必須)です。

答えを入力してください。 (必須)

giweather wordpress widget
電動ラジコン計算式




 

おススメサービス
ラジコン本体・パーツ、楽器関連、バイクパーツ、オモシログッズなどの海外ショップ代行購入専門
海外ネット通販のHobby King、Peak model、Flying Hobbyなどのラジコン関係のパーツはもちろん、楽器、バイクパーツ、オモシログッズまで代行購入!
ラジコンヘリ・飛行機・車・ボート・各種メカなど、今やメジャーなホビーキング専門代行購入サービス
ラジコン本体・パーツが6000種!近年精力的に拡大しつつあるSDShobby専門の代行購入サービス