【お知らせ】相互リンクしませんか?

PowerDirectorでシネマスコープサイズを正確な比率で表現できる素材配布ver,2 – Power director(パワーディレクター)の使い方講座

PowerDirectorは4:3や16:9など一般的な矩形サイズでの出力は可能ですが、シネマスコープサイズ(2.35:1)やオリジナルのサイズなどは自由度がありません。

そこで今回は正確な比率で表現できるシネスコサイズに利用可能な素材を配布いたします。

シェイプでやってしまうということもOKですが、正確性には欠けるためこれを使えば、ちょっとした動きのあるシネマ表現+正確な比率を再現できますので、ぜひ使ってみてください。

素材のダウンロード ※google drive

cinesco_bar.png

PowerDirectorでシネマスコープサイズを正確な比率で表現できる素材配布ver,2

Youtubeチャンネル
面白かったらシェアしてね♪
hirobitをフォローする
スポンサーリンク
おススメサービス

モスキートマグネット2019年最新モデルを低価格で輸入代行

ラジコン本体・パーツ、楽器関連、バイクパーツ、オモシログッズなどの海外ショップ代行購入専門

ラジコンヘリ・飛行機・車・ボート・各種メカなどホビーキング専門の代行購入サービス

電動ラジコンにZOOM IN!

コメントはこちらからどうぞ!

トップへ戻る